Gadget&LifeStyle Blog

スマートフォンのカスタムROM化がメイン。その他LIFE STYLEに関する記事など。

Essential Phone PH-1にLineageOS18.1を入れる手順 さぁAndroid11へ!

今回は、EssentialPhonePH-1にLineageOS18.1を入れる。

 

Essential Phone向けのAndroid11ベースLineageOS18.1が2021年4月2日に公開されてから、6日でなんとかPlayストアを入れることに成功した。

 

ということで、早速手順を書いていく。

※いつもと同様、自己責任でやってね。端末が壊れても私は責任取れません。

 

f:id:Titanim:20210409002322p:plain

Essential Phone PH-1 × LineageOS18.1

 

 

 

 

まずはこれを準備!

LineageOS18.1(基本的に最新版をダウンロードすること)

最新版のLineageOS18.1と、Recoveryをダウンロードしておく。

download.lineageos.org

 

MindTheGapps-11.0.0-arm64

androidfilehost.com

こちらも基本的に最新版をダウンロードすれば良いが、最新版だとうまく入らない可能性があるので、上手く入らなかったら古いものでも良い。

 

 

基本的に焼き方は17.1とほぼ同じ!

LineageOS18.1は、基本的にLineageOS17.1と同じリカバリーを使用して焼き付けることになる。

なので、まず17.1を焼いたことがない方はこちらを先に読んでほしい。手順はこれとほぼ同じとなる。

7800titanim.hateblo.jp

※この段階で、PCの設定とEssential Phoneのブートローダーアンロック、USBデバックの設定、Recoveryの導入までを済ませておくこと

予習が終わったら、次は最新のLineage OS 18.1を焼いていく。

 

 

Essential PhoneにLineageOS18.1を焼く

電源が入っている場合は

 

PCとEssential Phoneをつないで

 

$ adb reboot recovery

 

電源OFFからなら音量大ボタンと電源ボタン同時押しでRecoveryを起動する。

f:id:Titanim:20210408233709j:plain

LineageOS Recovery

 

Apply update から Apply from ADBを選択して、コマンドプロンプト(※Windows PowerShellでも出来るWindows PowerShellの開き方は、すべてのものをダウンロードしたフォルダで、Shiftボタンを押して右クリックしPowerShellウインドウをここで開くを選択する)に

 

$ adb sideload lineage-18.1-20210405-nightly-mata-signed.zip

※こちらは現時点の最新版。基本的には最新版を使うこと。

 

と入力。

コマンドプロンプトの表示は47%で止まるがしばらく待っていると焼き込みが終わるので待つこと。


書き込みが終わったら、ここからは二手の道になる。

 

コース1.LineageOS17.1を入れていた方(運が良ければdataをそのまま18.1に出来る可能性があるため)


再びApply from ADBを選択し、先程ダウンロードしたGappsを入れる

 

$ adb sideload MindTheGapps-11.0.0-arm64-20210328_143848.zip


※このファイルが現時点の最新版 

 

これは必ず47%のところで一度止まって、

NO

YES

の選択肢がEssential Phoneの画面に表示されるので、

もちろん、YESを選択。

で、少し待つと上手く焼ける。

最初の画面に戻って、


Reboot system now

で再起動する。

※この初回起動は少々時間がかかる。万が一上手く起動しない場合はこれまでの手順を再確認する。

 

起動して、Playストアが表示されていれば成功、されていなければ、ここから古いバージョンをダウンロードして、もう一度RecoveryからApply from ADBで古いバージョンのGappsを入れてみてほしい。

 

 

 

全部やっても上手くいかなかったら17.1のdataを引く次ぐことは出来ない。

残念だが、コース2でやり直してほしい↓


コース2.初めてLineageOS18.1を入れる方(LineageOS17.1からの移行で上手くいかなかった方もこちらで)

LineageOS18.1の書き込みが終わったら、一旦←でRecovery最初の画面に戻る

 

Factory reset

 

を選択し、

 

Format data/factory reset

 

Fomat data

 

でファクトリーリセットをする。

 

←でRecovery最初の画面に戻る。

 

Apply update

 

Apply from ADB

 

を選択し、

 

$ adb sideload MindTheGapps-11.0.0-arm64-20210328_143848.zip


※このファイルが現時点の最新版 

これは必ず47%のところで一度止まって、

NO

YES

の選択肢がEssential Phoneの画面に表示されるので、

もちろん、YESを選択。

で、少し待つと上手く焼ける。

最初の画面に戻って、


Reboot system now

で再起動する。

※この初回起動は少々時間がかかる。万が一上手く起動しない場合はこれまでの手順を再確認する。

 

 

LineageOS18.1起動

さて、上手く行っただろうか。

しっかりと起動ができ、Playストアが表示されていれば成功だ。 

f:id:Titanim:20210408234245p:plain

Essential Phone PH-1 LineageOS18.1

 

起動に成功しても、Playストアが表示されていない場合はGappsが上手く入れられなかったということだ。

その場合は、USBデバックの設定をし直してから、

 

PCとEssential Phoneをつないで

 

$ adb reboot recovery

 

でRecoveryを立ち上げて、先ほどと同じように

 

Factory reset

 

を選択し、

 

Format data/factory reset

 

Fomat data

 

でファクトリーリセットをする。

 

←でRecovery最初の画面に戻る。

 

Apply update

 

Apply from ADB

 

を選択する。

 

ここからが違って、古い MindTheGapps-11.0.0-arm64 を入れることだ。

 

$ adb sideload $ adb sideload MindTheGapps-11.0.0-arm64-20210220_140101.zip

 

上手く焼けたら再起動。

これでも上手くいかなかったらさらに古いGappsを入れてみると良いかもしれない。

新しいGappsから順番にやってみるといいだろう。

 

 

Essential Phone PH-1 × LineageOS18.1

私が、どううまくいかなかったか、この記事を読んでもらったらわかると思うが、Gappsの最新版を入れていたために、Playストアが入らなくて困っていた。

 

古いGappsを入れてみたら上手く行ったので、みなさんも挑戦してみてほしい。

 

ただこのGappsはWellbeingが入っていないことだけがかなり残念だ。

まぁ、私は夜にEssential Phoneを使うことはないので良いのだが。

 

ちなみに、わりと人気のNik GappsはLineageのRecoveryでは使えないので注意してほしい。

 

 

とりあえず、なんとかPlayストアが入ってよかった。

 

 

ちなみにのroot化

ついでにroot化したい方は、Playストアが入っていることを確認したあとにUSBデバック設定をしてRecoveryで立ち上げる。

Gappsのときと同じように、書き込んで終了だ。

 

ただ、v22.0を書き込んでも上手くいかないので、ひとつ古いv21.4を書き込むとうまくいく。

アプリ自体は最新版でうまく入れられる。

 

 

ということで、全てうまく行っただろうか。

正直、LineageOSはやっとAndroid11になったか、というぐらい遅かったが、これで最新のAndroid11である。

新しいねこあつめも出来る。

 

とりあえず、上手く行ってよかった、というのが正直な感想だ。

 

 

 

Essential Phone PH-1にLineageOS18.1を入れる手順 は

 

 

 

 

 

 

おわり